〇自家用有償運送事業

〇地域活性化観光事業

 NPO法人OMU(オーエムユー)は、平成21年から「いなばの白うさぎ」で有名な鳥取市白兎周辺地域で白ナンバー自家用車による交通空白地有償運送「ふるさとバス」を運行しています。

白兎は毎年多くの観光客でにぎわっていますが、周辺地域にも「隠れた観光穴場」がたくさんあり、ガイドと一緒にめぐる観光ツアーを実施しています。(主催:白兎周辺ウォークガイドの会)

この地域は、世界ジオパークに認定された「山陰海岸ジオパーク」の一角です。

全国の皆さん! ぜひ白兎に来て周辺地域を観光してください。

 NPO法人OMU 理事長 高橋 慶治

2024年5月26日(日)好天の下、当法人の観光ルート内にあるプライベートビーチ『牛込海岸』の清掃活動を実施しました。

この事業は、2023年度あいおいニッセイ同和損保助成金を活用しています

入り江幅約150m程度の狭い海岸です。とても美しい海岸で、訪れた人の「プライベートビーチ」です。

この岩山は約1800万年前の溶岩でできています。マグマの通り道(岩脈)が見えます。

このきれいな

漁船から捨てられたと思われるブイ、浮き、ペットボトルなど

いたるところに漂着しています

清掃活動の結果、たくさんのゴミが集まり、海岸も見違えるほどきれいになりました。

参加された皆さん、ありがとうございました。

大国主命と白うさぎ

縁結びの神様「白兎神社」

大崎城中腹からの絶景

御熊神社と柱状節理

沿 革

平成18年10月、最寄りのバス停から2キロ以上離れている交通空白地域(鳥取市内海中)の区長(初代理事長佐々木昌彦)が鳥取市へ「バスを走らせて!」と要望しました。
当時の内海中は、運転免許を持たない高齢者も多くいて、通院や買い物に不便をきたしていました。地域と行政が約2年に渡り協議を経て、住民へのニーズアンケート、実験運行2回を経て、平成21年2月に地域住民自らが交通事業者となりました。
運行開始に至る歩みをお知らせするとともに、同じ悩みを持つ全国の皆さんに、運行事業者になるまでのノウハウをお伝えしたいと思っています。視察対応もします。